The Workeとは

上質な厳選宿泊施設を
貴方のオフィス(ワーケーション)
+住まい(レジデンス)にしませんか。

『ワーケーション』とは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、
新しいライフスタイル・働き方改革・テレワークの一つとして注目を浴びております。
『レジデンス』とは、一部のホテルなどで行われてる長期間にわたって滞在するサービスです。

「The Worke」は、上質な厳選宿泊施設をMAX88%OFFで利用可能な、ニューノーマル時代の
新しい働き方・生活様式『ワーケーション』+『レジデンス』をご提案いたします。
お得にご提供できる理由は、わずか20%程度ともいわれる稼働率の低い旅館の平日と企業の勤務日である平日をマッチング、
また、稼働率の不安定なホテルにレジデンスを取り入れることによって大幅な稼働率アップを実現し、
ホテル・旅館とお客様双方に利益を提供できるwin-winのビジネスモデルにあります。

働き方改革やテレワーク・シェアリングエコノミーが浸透しつつある現在、多くの方々の生活は大きく変わりつつあります。
その様な中、従来多くは見られなかった「旅館で仕事・ホテルで生活」をする新たなスタイルは、
カーシェア・民泊・レンタルスペース等のようにシェアリングエコノミーの新たなスタンダードになっていくことでしょう。
「The Worke」では、「勤務日でも場所にとらわれず楽しみながら働くワーケーション」と
「都心の一等地のホテルに住まうレジデンス」を創造してまいります。

Backgound
週末利用がメインの旅館業

これまで:これまで週末利用がメインの旅館業

旅館の客室稼働率39.5%(令和元年・年間値)
世界でもトップクラスのホスピタリティー誇る日本の「旅館文化」は窮地に立たされています。 これは休前日(土曜日)や年末年始・ゴールデンウィーク・お盆などのトップシーズンを含めた全国平均の客室稼働率です。 逆の目線で見ると、お客様にお支払いいただいている週末やトップシーズンなどの宿泊料金が高いのは、平日の空室の分までご負担いただいているからとも言えるのです。
弊社は創業以来、この「無駄な空室を削減したい」という想いで「卸値予約(旅行代理店手数料を頂かない価格)」 「直前予約(直前の空室を空けておくのではなくお得な価格で提供する)」「泊食分離(1泊2食のみではなくルームチャージや朝食付きの価格)」など 様々な今までにないサービスを開発し業界にイノベーションを起こしてまいりました。 平日の稼働率に至っては15%~程度と言われており、お客様の集中する週末やトップシーズンで経営を賄っているのが実情です。
逆の目線で見ると、お客様にお支払いいただいている週末やトップシーズンなどの宿泊料金が高いのは、平日の空室の分までご負担いただいているからとも言えるのです。 弊社は創業以来、この「無駄な空室を削減したい」という想いで「卸値予約(旅行代理店手数料を頂かない価格)」「直前予約(直前の空室を空けておくのではなくお得な価格で提供する)」「泊食分離 (1泊2食のみではなくルームチャージや朝食付きの価格)」など様々な今までにないサービスを開発し業界にイノベーションを起こしてまいりました。

テレワークからワーケーションへ

現在:テレワークの導入と結果

2020年新型コロナウィルスの拡大に伴い、テレワーク導入企業が増えてまいりました。 弊社も、4月の緊急事態宣言以降在宅テレワークを継続しております。
当初は、「本当にテレワークだけで仕事が成立するのだろうか?」と懐疑的でしたが、業務役割の明確化を追求することで業務効率は上がりました。 更に、スタッフにアンケートをとった結果「通勤がなく楽になった」などの理由で、実に95%がテレワーク継続を希望との結果でした。
但し、テレワークで外出も少なくなりストレスも溜まるという意見も多く、それならばワーケーションを導入し、 リフレッシュすることで生産性向上を目指していきたいとの考えに至りました。 テレワークが可能という事は、パソコンと通信環境さえあれば極端な話世界中どこでも仕事が可能という事です。

これから:旅館の平日の稼働率を改善したい

旅館の客室稼働率は年間39.5%(出典:国土交通省 観光庁 「宿泊旅行統計調査報告」)です。
世界でもトップクラスのホスピタリティーを誇る日本の「旅館文化」は窮地に立たされています。 これは休前日(土曜)や年末年始・ゴールデンウィーク・お盆などのトップシーズンを含めた全国平均の客室稼働率です。 平日の稼働率に至っては15%~25%程度(当社実績)であることから、お客様の集中する週末やトップシーズンで経営を賄っているのが実情と言えます。 当社は1998年の創業以来、この「無駄な空室を削減したい」という想いで「卸値予約(送客手数料ゼロ)」、「直前予約(直前の空室をお得な価格で提供)」、 「泊食分離(食事の有無を選べるシステム)」など、様々なサービスを開発し業界にイノベーションを起こしてまいりました。 「The Worke(ザ・ワーケ)」は、旅館にとって長年の課題であった平日の無駄を利益に変える手段であり、 企業にとっても旅館の空いている部屋をオフィスとして格安で利用できるシェアリングエコノミーであり、win-winのマッチングシステムです。
新しい働き方が求められている今こそ、平日の旅館・ホテルの空室をオフィスや住まいとしてシェアすることで、 「勤務日でも有効に時間を活用し、楽しみながら働く」 Q・O・L (クオリティ・オブ・ライフ)の向上をご提案します。

Contribution

社会的価値と企業価値の両立

採用活動における差別化と従業員満足度の向上

選択できる働き方、有給休暇取得率促進、社員の定着率アップ

ワーケーション導入により、働き方改革の先端企業となります。
最新の労働価値を導入することは、優秀な人材に選ばれる企業となり、人材の確保に繋がり且つスタッフの定着にも大きく寄与いたします。

生産性とモチベーションの向上

モチベーションが上がる環境の提供、生産性を向上、ワークライフバランス取組促進

社員に日常とは違う環境を提供することで、各社員のモチベーション・パフォーマンスを上昇させ、会社への利益還元が期待できます。
仕事の充実にはプライベートの充実が欠かせないことであり、環境を変えることは、新しい発想や仕事の生産性の向上に繋がります。
長期的な目線では、過疎地域のインフラを含めた環境整備や人口増、家族や友人を含めた社員関係者の流入の機会につながります。

健康経営の推進

仕事と休暇の調和への実現、多様な働き方・生き方の選択、有給休暇取得率の向上、心身の健康の維持・増進

ワーケーションを会社が推進することで、企業としてのイメージや社会的な価値の向上に繋がると同時に、
社内にもバランスが取れた働き方をする文化が熟成され、社員が健全な心身を保つことができます。

企業による積極的な地域社会への貢献

地域との結びつきにより生まれるイノベーション

地域と企業間協業・連携、新規事業の創出、地域と関係人口のつながりの創出

ワーケーションによる長期滞在で地域との関係を創出やその土地の造詣が深まることで、新たなビジネスチャンスに繋げることが可能となります。
地域のヒト・コト・モノを深く知ることにより、企業間協業のためのアイデアを生む機会となります。

地方分散化社会への推進

地方への移住促進、地域コミュニティとの新しい関係づくり

新しいライフスタイルの実現により、都市圏への一極集中から各地域へ分散することにより、経済・生活面において改善されます。
また、育児や介護問題などの問題も、実家からのサポート又は実家へのサポート等が容易になり解決の一端を担うことも可能になります。

地域経済の発展と地域社会づくりに貢献

新規エリアの開拓、地域課題解決の促進、地域ビジネスの可能性

短期的な目線では、社員の移動による地域産業や観光関連産業への貢献となります。
長期的な目線では、過疎地域のインフラを含めた環境整備や人口増、家族や友人を含めた社員関係者の流入の機会につながります。